未分類 0 Comments

プラセンタエイジング効果には肌細胞から再生することが大切です。足らない成分を補給するだけでなく、肌細胞自体がしっかり再生され若返ることが必要となります。そこで人気が高い成分が「プラセンタエキス」です。プラセンタとは胎盤のことで、胎盤から抽出したエキスには、数㎜の胎児が赤ちゃんに成長するために必要な成長ホルモンをはじめ、さまざまな栄養素が豊富に含まれており、美の宝庫ともいわれています。プラセンタはスキンクリームなどによって補給することで、肌細胞の再生、修復が活性化され若々しい肌細胞に変化していくのです。

また最近注目されているのが再生医療から生まれた、「幹細胞エキス」です。人の細胞の中にある幹細胞を使用した幹細胞培養液や、植物の細胞内にある幹細胞を使用した培養液などもあります。植物性幹細胞はリンゴ幹細胞培養液が人気ですが、やはり人間の肌細胞には人幹細胞培養液がダントツに効果があり、肌細胞を再生するパワーを持っています。細胞を基本的に若返らせることができるので、肌細胞機能が回復し、最高のアンチエイジングということになります。プラセンタ商品も国内の化粧品は、どれも安全性の高い、特別に飼育した豚や馬を使用。人幹細胞培養液の場合は、さまざまな検査をしたドナーによる幹細胞を培養してつくられているので安全性は守られています。

未分類 0 Comments

美白成分加齢によってだんだんシミが出来やすくなったり、くすみが気になるようになります。特に紫外線によって活性酸素が肌に溜まり、それによって細胞が傷付くため、メラニン色素が集中的にその部分に集まって肌細胞を守ります。しかしそれと同時にシミとなってしまうのです。若いうちは活性酸素を除去するパワーを持っていますが、年齢が高くなるとそのパワーも低下し、シミやくすみとなってしまいます。そのためエイジングスキンケアには美白成分はとても重要なのです。ここではスキンクリームなどで補給したい、美白成分のご紹介です。

「ルシノール」は大手化粧品メーカーの開発した美白成分です。チロシンとチロシナーゼが結び付くことでメラニンがつくられますが、ルシノールはこの2つの成分の結び付きを阻害することによって、メラニン色素の生成を抑えることができるのです。また「アルブチン」はコケモモなどに含まれているポリフェノール性配糖体で、強力な抗酸化パワーがあり美白効果に優れています。他にも「エラグ酸」も強力な抗酸化パワーを持っているポリフェノール成分で、ベリー類、ザクロ、ラズベリーなどから抽出した成分でチロシナーゼを抑制する効果もあります。また「コウジ酸」も酒造りなどに使われるコウジ菌から抽出した成分で、チロシナーゼの活性を抑えることから、メラニン色素の生成を抑制するのです。

その中でも、最近注目されている美白成分が「シルクフィブロイン」です。シルクフィブロインの持つ18種類のアミノ酸が
肌の構成要素に近いので、肌へストレスなく浸透します。

未分類 0 Comments

特に40歳過ぎると、シワやシミ、たるみなどが気になり出します。この頃からそろそろエイジング効果のあるスキンクリームなど、加齢肌用のスキンケアを行うことが大切になります。そこで特に加齢により、肌細胞内のもともと存在している美肌成分はどんどん低下していくため、それらの成分を肌の外からしっかり補給することがとても重要であり、そんな基礎成分のご紹介です。

スキンクリームまず角質層で網の目のように広がり、細胞の土台ともなるのが「コラーゲン」です。タンパク質の一種で、体内生成しますが、加齢とともに低下することで、肌の土台はたるんでしまいます。そのためコラーゲンをスキンクリームから補給することで、肌のハリを蘇らせます。またコラーゲンの網の目にはさまざまな保湿成分などが絡んでいます。もちろんこれらの美容成分も加齢とともに減ってしまうので、補給することが大切になります。

強力な保湿成分の1つが「ヒアルロン酸」です。ヒアルロン酸1gに約6Lの水分を保水することができると言われており、減少することで肌のハリが低下していきます。そのためヒアルロン酸も基本成分として補給は重要です。

そしてヒアルロン酸と同じように保湿力が強く、その上コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする最近注目の「プロテオグリカン」も重要な肌細胞内の成分です。今までプロテオグリカンは1g3000万円という高価な成分でしたが、鮭の鼻軟骨から抽出する研究が進み、今では普通の美容成分の価格で購入できるようになりました。是非コラーゲン、ヒアルロン酸とともに摂取したい成分です。もう一つ皮膚の表面を守る、保水成分の「セラミド」も体内生成される成分で、やはり基本成分として是非補給したい成分です。