エイジングには美白

未分類 0 Comments

美白成分加齢によってだんだんシミが出来やすくなったり、くすみが気になるようになります。特に紫外線によって活性酸素が肌に溜まり、それによって細胞が傷付くため、メラニン色素が集中的にその部分に集まって肌細胞を守ります。しかしそれと同時にシミとなってしまうのです。若いうちは活性酸素を除去するパワーを持っていますが、年齢が高くなるとそのパワーも低下し、シミやくすみとなってしまいます。そのためエイジングスキンケアには美白成分はとても重要なのです。ここではスキンクリームなどで補給したい、美白成分のご紹介です。

「ルシノール」は大手化粧品メーカーの開発した美白成分です。チロシンとチロシナーゼが結び付くことでメラニンがつくられますが、ルシノールはこの2つの成分の結び付きを阻害することによって、メラニン色素の生成を抑えることができるのです。また「アルブチン」はコケモモなどに含まれているポリフェノール性配糖体で、強力な抗酸化パワーがあり美白効果に優れています。他にも「エラグ酸」も強力な抗酸化パワーを持っているポリフェノール成分で、ベリー類、ザクロ、ラズベリーなどから抽出した成分でチロシナーゼを抑制する効果もあります。また「コウジ酸」も酒造りなどに使われるコウジ菌から抽出した成分で、チロシナーゼの活性を抑えることから、メラニン色素の生成を抑制するのです。

その中でも、最近注目されている美白成分が「シルクフィブロイン」です。シルクフィブロインの持つ18種類のアミノ酸が
肌の構成要素に近いので、肌へストレスなく浸透します。